温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2009-07-24

Top / ブログ / 2009-07-24

きょう、オールスターゲーム第1戦(札幌ドーム)

07.23中田MVP=札幌ドーム
  • 2009年のオールスターゲームが本日、わが北海道日本ハムの本拠地の札幌ドームで開催される。
    また、どのようなエピソードが生まれるか楽しみだ。
  • 実は、1984年(昭和59年)の今日、オールスターゲーム第3戦で、あの怪物・江川卓投手が、8連続奪三振を記録しました。
    このとき対戦した落合博満(現中日監督)は「球は現役投手で一番速い。なぜこれほどの投手が打たれるのかわからない」と述懐している。
  • しかし、オールスターゲームには、もっとスゴイ投手がいたことをご存じだろうか。

未だに破られていない記録男、江夏豊

  • 1971年(昭和46年)西宮球場で行われたオールスターゲーム第1戦で
    初の9打者連続奪三振を記録した男、それは江夏豊だった。

    彼は速球と正確なコントロールで打者のバットをことごとく空に切らせた。
    オールスターゲームの場合、投手は規定で3イニングまでしか登板できないため、この記録は振り逃げが起こらない限り可能な最高の成績である。
    しかも、未だこの記録に並ぶ(規定が変わらない限り新記録はでない)投手は出ていない。
  • 江夏はさらに、1973年8月30日の中日ドラゴンズ戦では、日本プロ野球史上初となる「延長戦ノーヒットノーラン」を達成します。
    しかもこの戦いに決着をつけたのは、11回裏の攻撃で江夏自ら「サヨナラホームラン」を放つという劇的な形の勝利でした。

    20代の私も、強烈に感動したものです。
  • また阪神入団2年目の1968年(昭和43年)には、1シーズンで401個の奪三振を達成。
    これは、大リーグのサンディー・コーファックス投手の382個を抜いて世界記録を達成しました。これは現在でも、日本プロ野球はもちろん、メジャーリーグからも破られていません。
  • 江夏は、彼の振る舞いや言葉使いなどで、ずいぶんと誤解され非難されましたが、間違いなく日本が世界に誇る偉大な投手と言えます。
    彼が、大リーグに行っていたら恐らく素晴らしい活躍をしたと思います。

    今年のオールスターゲームは、どんな記録とスター選手がでるのでしょうか。



コメント


認証コード(1933)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional