温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2009-07-30

Top / ブログ / 2009-07-30

話題アラカルト

新型プリウス、補助金対象外に(23日以降受注分)

トヨタ新型プリウス
  • トヨタは7月23日以降に注文を受けたハイブリッド車「新型プリウス」の工場出荷予定が2010年4月以降となり、エコカー補助金の対象外になると発表。
    同車は今年5月の発売以来、急激に人気が上昇しトヨタの予想を上回る注文に生産が追いつかない状況。
  • ただし国が並行して実施している「エコカー減税」は23日以降の受注分も対象となる。
    新型プリウスのようなハイブリッド車は、取得税・重量税が免除になりこの適用期間は2012年3月までとなっている。

    7月23日以降に注文した方はどうするのでしょうか。

自動車関連業者の倒産、前年から5割増~帝国データバンク調査~

  • 大手自動車メーカーの回復基調とはうらはらに自動車関連産業はいまだに厳しい経営環境のようだ。
    帝国データバンクの調査では、2009年1~6月の自動車関連産業の倒産(負債額1000万円以上)は273件と前年同期に比して5割増となった。
  • 需要急減の影響が中小零細企業や中規模の企業に広がり、負債額の増加につながったためとしている。
    業種別では、中古車販売を中心とした「卸・小売業」が最も多く、次いで下請部品メーカーを中心とした「製造業」となっている。

    この傾向は、下請けメーカーを中心に当面続くと見られているが、国のエコカー減税や補助金は、結局は大企業のためだったのかと勘繰りたくなるが・・・・

コンビニにTASPOで赤信号?!

  • これまでコンビニ(タバコ販売のある店舗)はTASPOの導入で大きな売り上げを拡大してきた。
    つまり、タバコの自動販売機ではTASPOがないと購入できず、手続も面倒なこともあって、コンビニで購入する人が増えた結果だ。
  • これが大きく傾いてきたのは、TASPO普及率の向上と喫煙人口の減少が影響したとみられている。
    タバコの粗利益は10%程度であまり高くはないが、全体売上の3位を占めるというから大きな影響といえる。

    2007年6月にバンコクで開かれたWHOたばこ規制枠組み条約(FCTC)契約国会議で採択された
    「受動喫煙防止条約第8条」では、2010年2月までに公共の場所はもとより、職場、レストラン、交通機関など例外なく完全に、禁煙にしなければならない、
    いわゆる「レッドライン」を迎えることになる。
    日本の受動喫煙防止に対する国家としての品格が問われるのもあとわずかとなった。

元に戻る



コメント


認証コード(7368)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional