温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2009-11-11

Top / ブログ / 2009-11-11

1983年の今日、ミュージカル『キャッツ』の日本公演スタート!

2009年の今日から、ブロードウェイの公演回数を突破する横浜公演がスタート!!

  •  劇団四季によるミュードカル『キャッツ』が1983年(昭和58年)11月11日に、西新宿のキャッツシアターで初の公演が行われた。

    『キャッツ』は、世界で興業的に最も成功したミュージカルの一つであり、
    その内容は、マンカストラップ、ラム・タム・タガーやボンバルリーナといった個性的な猫たちが

    都会のごみ捨て場を舞台に、踊りと歌を繰り広げる。
    人間が一切出てこない型破りの演出と振付に、
    観客も最初は戸惑っていたが、やがて大ヒットとなった。
  • 日本でも全て劇団四季による公演が、東京をはじめ、大阪、札幌、名古屋、福岡、静岡、広島で開催され、
    すでに通算の公演回数が7000回を超えている。

    これまでニューヨーク・ブロードウェイでの連続公演回数が7485回であったが
    2009年11月11日、今日から始まった横浜公演で、公演回数がブロードウェイの記録を抜くとのこと。

    私も札幌公演を観たが、全体としてとにかく面白い、楽しいというのが印象に残った。

    なかには、2回、3回と観に行った方も多いそうだ。
  • ここまで公演回数を重ねたにもかかわらず、横浜公演に掛けるメンバーの意気込みは凄いとのこと。

    特に演出からは、顔も身体も、まだまだネコの表情が足りない。ヒゲを動かし、ツメを出し、身体の全てをネコにするように、との厳しい指摘に練習に励んでいたとのこと。

    常に一流を目指す人は、常にこれで良いという妥協がなく、どこまでも一歩前進を決意し精進するという。

    なお、ブロードウェイの公演回数に並ぶのは
    2010年4月25日(日)12時公演とのことです。
    歴史的な公演日には、大変に盛り上がるのではないでしょうか。

劇団四季による『キャッツ』の公演

元に戻る



コメント


認証コード(8835)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional