温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2009-11-17

Top / ブログ / 2009-11-17

1869年の今日、スエズ運河が完成、開通!!

スエズ運河の衛星写真
  • スエズ運河は地中海と紅海(スエズ湾)を結ぶ運河であり、
    1869年11月17日、着工から10年の歳月をかけて完成した。

    この建設には150万人のエジプト人が動員され、うち12万5000人が主にコレラによって亡くなっているなど、多大な犠牲が払われたという。

    しかし、この運河の開通により、アジアから欧州やアメリカ大陸への海運において
    アフリカ大陸の南端の喜望峰を経由する必要がなくなり、各国の経済に大きく貢献している。

第三次中東戦争とTVドラマ「不毛地帯」の関連?!

  • 第三次中東戦争とは、1967年(昭和42年)6月5日、イスラエル空軍機が超低空飛行でエジプト・シリア・ヨルダン・イラク領空を侵犯し

    各国の空軍基地を奇襲攻撃したことから始まる戦争のことで。
    この攻撃で計410機の航空機を破壊した。

    このイスラエルのいわゆる「レッド・シート作戦」によって航空権を奪ったことで、
    さらに地上軍を侵攻させ、短期間のうちにヨルダン領ヨルダン川西岸地区、エジプト領ガザ地区とシナイ半島、シリア領ゴラン高原を占領した。
  • このため、ヨルダンとエジプトは6月8日に停戦、シリアも6月10日に停戦した。
    延べ6日間の電撃作戦でイスラエルの占領地域は戦前の4倍以上にまで拡大した。

    この戦争は「6日間戦争」とも言われるが、
    国際世論はイスラエルの行動を「侵略」として激しく非難し、イスラエルは国際的な信用と、それまで受けてきたユダヤ人への同情心を失ってしまった。
  • 今、テレビで放映されている唐沢寿明主演の「不毛地帯」の先週(12日放映)の場面が、まさにこの時代状況の時の物語です。

    私も、毎週楽しみにして観ていますが、今後の展開が気になるところです。

    また、先日、同じ原作者、山崎豊子の『沈まぬ太陽』を劇場で観ましたが、大変な力作であり感動しました。

    これも、最近、富にメディアを賑わしている某航空会社のことですから、まさにタイムリーな映画化であったと言えます(この点についてはコメントを控えます)

元に戻る



コメント


認証コード(5965)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional