温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2010-03-07

Top / ブログ / 2010-03-07

1981年の今日、石油業界の英雄、出光佐三逝く!

人間尊重と家族主義を貫き、社員の一人もクビを切らない!!

私が、この出光佐三の生きざまに感動したこともあり、タイトルに「英雄」と表記したことをご了承ください。

出光佐三
  • 石油王と言われた出光佐三は、士魂商才(武士道的経営)にこだわり続けた。
    儲けるための事業ではなく、人間尊重と国家に貢献する事業を目指した。

    何度も崩れそうになりながら、その都度、乗り越えてきた。
    それは何よりも信頼関係の構築に努力したからだと言われている。
  • 経営者として佐三が最も大切にしたモットーは「人間尊重主義」と「大家族主義」。
    彼は常にこう語っている。
    • 会社を支えるのは人だ。人を大切にせずして何をしようというのか。
      社員は家族だ。家計が苦しいからと家族を追い出すようなことができるか! と。
  • そして、佐三は常識破りの「四無主義」を打ち出した。
    クビを切らない、定年制がない、出勤簿がない、労組がない、の4つである。
  • 1981年(昭和56年)3月7日、出光佐三は95歳の天寿を全うして人生の幕をおろした。
    側近の一人が、安らかに眠る佐三を見ながら言う。「40年を超える付き合いだったが、この人は一度も、『金を儲けろ』とは言われなかった」と。

    佐三は皇室を篤く崇敬していたが、彼の死去に際して昭和天皇が次の歌を残した
    • 出光佐三逝く 三月七日
       「国のため ひとよつらぬき 尽くしたる きみまた去りぬ さびしと思う

第二次世界大戦の復員者も含め、1人の社員のクビを切らなかった信念と闘い!!

  • 戦前、出光商会(当時)は台湾、朝鮮さらに中国本土にも事業拠点を拡大し、社員も千名ほど抱える大会社に成長した。
    しかし、太平洋戦争の敗戦により日本は焦土と化し、佐三も全てを失ってしまう。

    しかし、敗戦後1か月経ったころ、彼は驚くべき宣言をする。
    海外から引き揚げてくる社員は一人もクビにしないというのだ。復員者は約800名

    資産もない、事業もない、あるのは莫大な借金だけ。しかも、佐三に何か見通しがあった訳でない。ただあったのは、社員を思う気持ちと信念だけであった。
  • クビを切らないため、何でも行った。しかし、いずれもうまくいかなかった。
    そんな折、GHQ(占領軍本部)は「旧海軍のタンクの底に油が残っている。これを処理し活用せよ」という指令を発した。

    しかし、これは非常に危険な作業だ。窒息、中毒、爆発の危険性があり、誰もが避けていた。しかし、回り回って出光に来たのだ。

    佐三は喜んだ。これで石油界に復帰できると。
    さっそく、待機組を動員してタンクの底をさらう作業を開始した。

    連日、手足がただれるような大変な作業であったが、佐三はじめ社員の気持ちは明るかった。石油界復帰の希望に溢れていたからだ。
  • 約1年半に及んだ「底さらえ」で廃油2万キロリットルの汲み取りに成功した。
    この仕事ぶりがGHQに強烈な好印象を与え「出光を重んずべし」との空気を生み出し、これが石油界復帰と出光蘇生の原点となった。
    タンク底にかえれ」は出光興産の合言葉となったという。

社員を大事にしたエピソード

  • 復員後、出光商会の社員が、気力を失い、郷里に引きこもっていた。その青年社員が、出光に辞職の手紙を書こうとした時、父は烈火のごとく叱った。
    お前が兵隊に行っている6年間、出光さんは給料を送り続けてくれた。それを辞めるとは何ごとだ。すぐ、出光さんにお礼の奉公をしろ。6年間、タダで働いて、それから帰ってこい。」と。
  • 青年は、心から反省し、思いなおし、生涯、出光の発展のために働いたという。

元に戻る



コメント


認証コード(3776)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional