温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2010-03-23

Top / ブログ / 2010-03-23

皆さんはどうお考えですか。どんどん応募しましょう!!



1910年の今日、世界の巨匠、黒澤明監督生まれる~生誕100周年~

黒澤監督の映画の背景にロシア文学があったのか?

黒澤明監督
  • 1943年(昭和18年)33歳のとき、『姿三四郎』で監督デビューを果たす。
    以後、終戦を前後して『わが青春に悔いなし』『素晴らしき日曜日』『酔いどれ天使』『野良犬』などの社会派ヒューマンドラマの傑作を次々と発表し、一躍人気監督となる。

    黒澤は、多感な中学生時代にロシア文学に出会い、ドフトエフスキー、トルストイ、ツルゲーネフなどの作品を読みふけり、
    それが自分自身の人生観、倫理観の形成に多大な影響を与えたと言われる。

三船無くして黒澤は無く、黒澤無くして三船は無い!!

  • 黒澤は、あるオーディションで三船敏郎をたまたま目撃する。その時は落選となっていた三船だが、
    一目ぼれした黒澤が、直訴してまで三船を採用したという

    三船のデビュー3作目『酔いどれ天使』からは、黒澤監督作品の常連主役となった。

    以降、1965年の『赤ひげ』までの16本の映画に三船を主役として使っている。
    この時期の黒澤作品は「三船無くして黒澤は無く、黒澤無くして三船は無い」とでも言うべき、スター監督とスター俳優との幸福な関係に支えられていたと言われている。

    黒澤は「三船君は特別の才能の持主で代わる人がいないんだ」と語っており、黒澤の世界的な評価と同時に、三船も「世界のミフネ」として海外で広く知られるようになったのだ。

黒澤作品が、世界の大ヒット作品に多数、模倣されている?!

  • 黒澤監督作品の、海外の映画作家らへの影響は計り知れず、直接作品の中で模倣されたものも数多くある。いくつか、紹介してみると、
    • ジョージ・ルーカスは代表作『スター・ウォーズ』の登場キャラクターを『隠し砦の三悪人』から着想したと述べている。
      なかでも『スター・ウォーズエピソード4/新たなる希望』のストーリー自体が『隠し砦の三悪人』に酷似しており、ファーストシーンとラストシーンともそっくりだ。
    • スティーブン・スピルバーグの『未知との遭遇』において砂嵐の中からジープが現れる場面は『蜘蛛巣城』を模倣し、
      また『レイダース/失われたアーク』で主人公が後ろ姿だけで顔を見せない冒頭は『用心棒』の模倣、
      さらに『プライベート・ライアン』のオハマビーチの戦闘シーンは『』を模倣したものと言われている。
    • フランシス・コッポラの『ゴッドファーザー』のファーストシーンの結婚式の場面は『悪い奴ほどよく眠る』の手法を模倣したとされている。
  • 黒澤は1976年11月、66歳のとき、日本政府から文化功労者として顕彰され、1985年11月には文化勲章を受章した。
    さらに、1990年、80歳のとき、アメリカアカデミー名誉賞を受賞。
    受賞の紹介をしたジョージ・ルーカスとスピルバーグが「現役の世界最高の監督です。『映画とは何か』に答えた数少ない映画人の彼にこの賞を贈ります」と語っている。
  • 1998年9月6日、脳卒中で死去、88歳。
    同年10月1日、映画監督としては初の国民栄誉賞を受賞している。

元に戻る



コメント


認証コード(1412)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional