温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2010-04-05

Top / ブログ / 2010-04-05

1908年の今日、スター指揮者の先駆、カラヤン生まれる!

指揮者・カラヤン
  • カラヤンは1908年4月5日、オーストリアのザルツブルク市に生まれたオーストリアの指揮者。
    1955年47歳からベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務めたが、一時期それと同時にウィーン国立歌劇場の芸術監督の地位にもあったことから

    日本では「楽壇の帝王」と称されることもあった。
    20世紀後半のクラシック界だけでなく、世界に広く知られたマエストロ(巨匠)の一人とされる。
  • カラヤンは、ジェット機を乗り継いで世界中を飛び回って活動するという、昨今のスター指揮者の活動様式を始めた最初の一人だった。

    また日本との関係は古く、1954年の初来日以降、11回来日している。
    日本でのカラヤンの人気は高く、一時期、クラシック音楽のレコード・ベスト30を決める投票で、カラヤンのレコードが28枚も占めたほどであった。
  • カラヤンは、東京・赤坂にあるサントリーホールの建設にも設計の段階から携わっている。それは、このホールがベルリン・フィルハーモニーをモデルとしていたから。
    その業績を称えてサントリーホール前の広場をカラヤン広場」と命名している。

    サントリーホールのオープニングを祝う来日公演が予定されていたが、カラヤンが病気でキャンセルを余儀なくされたが、
    彼の弟子である日本人指揮者・小澤征爾に代役を委ねている。

元に戻る



コメント


認証コード(5208)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional