温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2010-04-18

Top / ブログ / 2010-04-18

リンクシェアのアフィリエイト大見本市に行こう!


1849年の今日、世界的に著名な浮世絵師、葛飾北斎没す。

神奈川沖浪裏
  • 葛飾北斎は、1760年(宝暦10年)9月23日に江戸・本所割下水、現在の東京都墨田区の一角に貧しい百姓の子として生まれた
    子供時代は、貸本屋の丁稚や木版彫刻師の徒弟として苦労を重ねた。

    18歳になり浮世絵師・勝川春章の門下となる。
    狩野派や唐絵、西洋画などあらゆる画法を学び「浮世絵風景画」を多く手掛け、生涯の基盤を作った時期であった。
  • 葛飾北斎」の号を用いるようになったのは45歳頃からであり、また世界的に有名な『富嶽三十六景』は63歳の頃より手掛け約10年かけて73歳の時に完結したものとされている。
    その中でも『神奈川沖浪裏』の作品は、後世にそれを見たゴッホが感動し画家仲間に宛てた手紙の中で賞賛している。
    また、そこから発想を得たドビュッシーが交響詩『海』を作曲するなど、西洋の芸術家に多大な影響を与えている。

1819年の今日は、著名な作曲家・スッペの誕生日でもあります。これを記念して『北斎漫画&スッペ軽騎兵』を画面に映る北斎漫画を見ながら聴いてください。

赤富士
  •  北斎は90歳(卒寿)で臨終を迎えた。その時の様子が次のように残されている。
    • 天があと10年の間、命長らえることを私に許されたなら(中略)天があと5年の間、命保つことを私に許されたなら、
      必ずや、まさに本物といえる画工になり得たであろう
      、と言いどもって死んだ、となっています。
  • 北斎は生涯に93回転居を繰り返しているが、それは絵を描くことのみに集中し部屋が荒れたり汚れたりするたびに引っ越したものという。
    そして当然、食生活もかなり乱れていたとされるが、それでも90歳まで生きれたのは、クワイ(慈姑)だけは毎日欠かさず食べていたからだと言われていますが・・・・・

※クワイとは、野菜の一種で最もたんぱく質が多いとされており、ユリ根に似たほろ苦さがあるが、煮物にして食べることが多いとされている。

私も学生時代、吹奏楽団でよくスッペの『軽騎兵序曲』を演奏したことがあります。カラヤン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏をお聴きください。

元に戻る



コメント


認証コード(7607)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional