温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2010-04-23

Top / ブログ / 2010-04-23

【PCダイレクト】ソフトバンクデータカード加入とセットでパソコンが頭金0円~!


1616年の今日、劇作家・シェイクスピア没す!

誕生日も同じ4月23日と言われているが詳細不明~洗礼を受けたのは記録から4月26日~

ウィリアム・シェイクスピア
  • ウィリアム・シェイクスピアは、1654年4月23日(または26日)にイギリス中部のストラトフォード・アポン・エイヴォンに生まれた。
    20歳のころイギリスに出て勉学に励み、28歳の頃には新進の劇作家(脚本家)として活躍するようになる。

    彼は引退するまでの約20年間に四大悲劇とされる『ハムレット』『マクベス』『オセロ』『リア王』を始め、『ロミオとジュリエット』『ヴェニスの商人』『夏の夜の夢』『ジュリアス・シーザー』などの多くの傑作を残した。
    また、『ソネット集』は今日でも最高の詩編の一つとみなされている。
  • シェイクスピアの活躍した時代は、主としてエリザベス1世の統治下の華やかな時代であり、最も優れた英文学の作家と言われ、
    その卓越した人間の観察眼と内面の心理描写は今日でも最高度の文学レベルとされている。

    なお、『ロミオとジュリエット』の舞台となったイタリアのブェーロ市内には、ロミオとジュリエットの実家があり、特にジュリエットの家は観光用に開放されていて見学ができるようになっている。
    連日、世界の各国から多くの観光客が訪れ、若き二人の悲劇を偲んでいる。

    なお、イギリスでは毎年、4月23日を「シェイクスピア・デー」としてお祝いしている。

シェイクスピアの作品の中に、多くの名言が散りばめられ今も語られている!

  • シェイクスピアは1616年4月23日に52歳で死去する。死因は、腐りきったニシンから伝染した感染症であると言われている。
    彼の墓所は生まれ故郷の教会に埋葬されているが、その墓所に近接した壁の前に彼の記念碑がある。その記念碑には、彼の執筆する姿をかたどった胸像が据えられている。
  • シェイクスピアは作品の中で、様々な名言を残しています。いくつか紹介します。
    • 人間とはなんと造化の妙をきわめた驚くべき傑作なのだろう! でもその人間が、私にとっては、たかのしれた塵芥の精髄としか思われない
    • 生きるべきか、死すべきか、それが問題だ
    • 金を貸すと、金も友達もなくしてしまう。金を借りると、倹約の心が鈍ってしまう
    • 運命をはねつけ、死をあざけり、野望のみをいただき、知恵も恩恵も恐怖も忘れてしまう。お前たちも知っているように、慢心は人間の最大の敵だ
    • 外観というものは、いちばんひどい偽りであるかも知れない。世間というものはいつも虚飾に欺かれる
    • 臆病者は、本当に死ぬまでにいくたびも死ぬが、勇者は一度しか死を経験しない
    • 貧乏人けっこう。誰もお前のその貧乏を盗もうとはしないのだから

元に戻る



コメント


認証コード(3259)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional