温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2010-05-02

Top / ブログ / 2010-05-02

「やわらかさ」と「とろける食感」にこだわりました
すべてが「手造り」の花畑牧場生キャラメル


1920年の今日、日本最初のメーデーが開催される~上野公園に1万余が集う~

第1回メーデー:上野公園
  • メーデー(May Day)は、直訳すると「5月の日」となるが、この日は世界の各地で毎年、5月1日に行われる祭典のことで、
    ヨーロッパでは伝統的に、5月1日に春の訪れを祝う5月祭」が行われてきた。

    一方、この日には労働者が統一して権利要求と国際連帯の活動を行う日となっている。
    我が国では1920年5月2日の日曜日に初めて労働団体が主催となって第1回メーデーが東京都台東区の上野公園で行われ、1万人余の労働者が結集し、

    8時間労働制の実施」「失業の防止」「最低賃金法の制定」などを訴えた。
    翌年からは5月1日の開催となり、開催地や参加人数も増加していった。
  • しかし、1936年の二・二六事件の発生から太平洋戦争の激化等で1945年まで開催することが出来なかった。
    終戦後の1946年、「働けるだけ喰わせろ」をスローガンに掲げ、11年ぶりに第17回大会として盛大に開催された。

    現在、連合と全労連のメーデーは、どちらも1920年からの通算回数をカウントしているが、昨年2009年が第80回目を迎えたことになる。
  • メーデーは国際連合などの国際機関によって定められた「国際デー」となっており、世界の80か国以上の国で祝日とされている。
    祝日としていない国は、OECD加盟国で、日本をはじめとして、イギリス、オランダ、スイス、デンマーク、トルコ、韓国となっている。

    実質的に企業の戦士として会社はもとより、日本自体を支えている労働者がいればこそであり、労働者の祭典として祝日にしても良いのではないか
    秋の勤労感謝の日とともに、年2回、会社の発展と日本の繁栄のために労働者の皆さまの祭典があって当然と考えるが・・・・・

1956年の今日は、数々のヒット曲を生み出した作詞家で放送作家の秋元康の誕生日でもあります。これを記念して、美空ひばりが生前最後に発表したシングル作品『川の流れのように』を「続きを見る」をクリックして聴いてください。

この曲を作詞した時、秋元康はニューヨークに在住しており、この「川」とは「イーストリバー」を指しており、自宅から見えるイヘストリバーを見ながら作詞したといいます。

元に戻る



コメント


認証コード(4684)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional