温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2010-05-03

Top / ブログ / 2010-05-03

「やわらかさ」と「とろける食感」にこだわりました
すべてが「手造り」の花畑牧場生キャラメル


毎年、5月3日と4日に「博多どんたく」が盛大に行われる。

博多どんたく花電車
  •  博多どんたくは、福岡県福岡市で毎年5月3日と5月4日に開催される祭りであり動員数は200万人を超え、
    青森県弘前市の「弘前さくらまつり」や長野県善光寺の御開帳、広島県広島市の「ひろしまフラワーフェスティバル」と並び、国内最大級の祭りとなっている。
  •  博多どんたくは、1179年(治承3年)に病没した平重盛に対し博多の者が、日本最初の人工港を造営してくれたことに対する恩を謝すために
    「博多松囃子」を母体として形成、発展してきたとされている。

    戦後の1947年(昭和22年)より博多どんたくとして開催され、3台の花電車に16か所の仮設舞台と、現在のどんたくの形式はここに誕生した。
    1949年(昭和24年)からは前年に制定された憲法記念日に合わせて5月3日と翌4日を開催日としている。
  •  「どんたく」という名称は、もともとオランダ語で「日曜日」を表す語「Zondag」(ゾンターク)が訛った言葉からきている。
    その後、「休日」という意味での「どんたく」は死語となるが、現在では「どんたく」とは「博多どんたく」を示す言葉として定着した。

1943年の今日は、演歌歌手・橋幸夫の誕生日でもあります。この日を記念して、昭和37年に第4回日本レコード大賞を受賞した、吉永小百合とのデャエット曲『いつでも夢を』を「続きを見る」をクリックして聴くことができます。

元に戻る



コメント


認証コード(6274)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional