温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2010-05-16

Top / ブログ / 2010-05-16

1929年の今日、第1回アカデミー賞授賞式がハリウッドで開催!!

アカデミー賞授賞式
  • アカデミー賞授賞式は「アメリカ映画の祭典」と呼ばれることも多く、基本的にはアメリカ映画を対象とした映画賞となっている。

    しかし、その知名度はもとより、世界三大映画祭(カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭)よりも古い歴史を有する権威ある賞であり、
    マーケットへの影響力も他の各賞以上に大きく、受賞結果が各国の興業成績に多大な影響を与えることから、あたかも世界一の映画賞のように喧伝する報道も多い。
  •  アカデミー賞の授賞式は1929年に設立された「映画芸術科学アカデミー」の夕食会の一環として始まったもので、
    第1回は、1929年5月16日ロサンゼルスにあるルーズベルトホテルで行われた夕食会の際に、3か月前に通知しておいた受賞者を招待して賞を贈与したことに始まる。

    第1回授賞式で女優賞を受賞したジャネット・ゲイナーによれば、これからも互いにいい仕事をして頑張りましょう、という程度のちょっとした内輪の集まりであったようで、授賞式自体も5分程度で簡単に済まされていたという。
  •  回を重ねるごとにスケールが拡大していき、第74回からは現行のコダック・シアターで行われている。
    本年、2010年は3月7日に開催されたが、我が国にとって記憶に新しいのは、2008年第81回アカデミー賞で『おくりびと』が日本映画として史上初となる外国語映画賞を受賞したことだ。

    私の高校生の頃は、けっこうアラン・ドロンがいたフランス映画の公開が多かったように記憶しているが、現在はほとんどがアメリカ映画になってしまった感がある。
    もっともっと、フランスのみならずイギリスもドイツもその他の国からの映画も日本公開になってほしい。

元に戻る



コメント


認証コード(4865)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional