温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2010-06-01

Top / ブログ / 2010-06-01

世界の絶景を車窓から眺める 世界の鉄道の旅


1955年の今日、一般公募による一円硬貨発行される。

一円硬貨の裏表
  • 一円硬貨は日本政府発行の補助硬貨で、一円玉とも呼ばれている。
    表面には「日本国」と「一円」と「若木」が、裏面には「1」と「製造年」がデザインされている。

    発行される前年の1954年に、この一円硬貨のデザインが戦後初めて一般公募されたが、2,581点の応募作品の中から選定されて制作された。
  • 消費税導入前はスーパー等で若干流通している程度であったが、導入以降は五円硬貨とともに流通量が激増したため、特に平成に入ってから大量に製造された。

    しかし消費税が5%になってからは、あまり必要性がなくなったため製造量を減らし始めており、
    特に2001年(平成13年)は約800万枚の製造のため希少価値があるとされている。
  • 現在、一円硬貨1枚を製造するのに2円のコストがかかると言われており、造れば造るほど赤字になってしまうという。
    最近富に消費税率アップの議論が盛んになってきているが、その上げ率によってはまた、一円硬貨が大量に必要となるかも知れない

「続きを見る」をクリックすると、歌詞に含蓄のある歌『一円玉の旅がらす』を聴くことができます。

元に戻る



コメント


認証コード(6306)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional