温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2010-06-10

Top / ブログ / 2010-06-10

イーツアーの海外格安航空券、空席照会・スケジュールを見て、その場で予約予約回答、最大の海外格安航空券サイト


1974年の今日、日本初の『モナリザ展』の入場者150万人を超す新記録で閉幕する!!

画像の説明
  • 世界で一番有名な肖像画と言われる、レオナルド・ダ・ヴィンチの『モナリザ』の日本展示が1974年(昭和49年)4月20日から東京国立博物館で開幕し、
    延べ150万人を超える入場者を記録し、6月10日に閉幕した。

    初の日本展示が決まったのは、前年の1973年(昭和48年)9月、当時の田中角栄首相と、フランスのポンピドー大統領との会談の席上であった。
    そして翌1974年4月、『モナリザ』はパリのルーブル美術館から上野の東京国立博物館にはるばるやって来たのだ。
  • 開会期間中の一日平均の入場者数は3万1120人という記録であり、6月2日の最終日曜日には、実に6万人を超す人が鑑賞に訪れている。
    本場のルーブル美術館には、年間約600万人の観光客が訪れるというが、ほとんどの人が『モナリザ』目当てと言われているが、有名なものに弱いのは、日本人だけではないようだ

元に戻る



コメント


認証コード(4693)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional