温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2010-06-17

Top / ブログ / 2010-06-17

『阪急交通社』はあなたにピッタリの海外オススメ旅行をご紹介!


1963年の今日、坂本九の『SUKIYAKI(原題・上を向いて歩こう)』がビルボードで第1位にランキング?!

坂本九
  • 日本で坂本九の歌う『上を向いて歩こう』のレコードが、1961年10月に発売されると爆発的なヒット曲となり
    当時の日本レコード売上ランキングで3か月にわたり1位を独占した。
  • 翌1962年にこの曲がヨーロッパで紹介されるや、同じく大ヒットした。特にイギリスのディキシーランド・ジャズのトランペッター、ケニー・ポールが彼のバンドでインスト曲として演奏、さらに「SUKIYAKI」とのタイトルで発売したが、全英チャートで10位にランクするほどのヒットとなっている。

    実はケニー・ポールはこの曲のレコーディングの直前に最愛の母を亡くしており、その哀しみをトランペットに込めて演奏したこともヒットにつながった要因と言われている。

「続きを見る」をクリックすると、坂本九の世界的ヒット曲『上を向いて歩こう』を聴くことができます。

  •  1963年に入るとアメリカで、坂本九の日本語の歌で、曲のタイトルが『SUKIYAKI』で発売されるやたちまち大ヒットし、ビルボード誌で3週連続で1位、またキャッシュボックス誌では4週連続で1位を記録した。
    この記録は、現在でも日本の歌がアメリカのヒットチャートで№1になったのは、この曲だけとなっています。
  •  さらに売上が上昇し、アメリカ国内で100万枚を突破している。そして、翌1964年5月15日には外国人として初めて、全米レコード協会のゴールドディスク賞を受賞した。
    この曲は、世界70カ国で発売され、総売上枚数は1300万枚以上とされている。また、1988年までにアメリカのラジオでのオンエア回数は100万回を超えたという。
  •  坂本九は、自身の音楽活動を日本国外に移そうと計画していたとされるが、1985年8月12日、JAL123便の墜落事故に遭い、43歳の若さで死亡したためその夢も実現しなかった。

アメリカで発売された日本語版『SUKIYAKI』です。曲の最後にJAL123便の事故で死去した旨が、英語テロップで知らせています。

元に戻る



コメント


認証コード(2129)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional