温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2010-06-19

Top / ブログ / 2010-06-19

菅新政権に関するアンケートでJTB旅行券20万円分が当る!


1909年の今日、昭和を代表する小説家、太宰治生まれる。

太宰治
  • 1909年(明治42年)6月19日、太宰治は現在の青森県五所川原市に、県下有数の大地主の子として生まれる。

    17歳の頃から泉鏡花や芥川龍之介の作品に傾倒し、作家を志望するようになる。
    太宰は24歳の頃より小説の発表を始め、1935年(昭和10年)に&color():Invalid color: purple'';となる。

    主な作品には『走れメロス』、『津軽』、『斜陽』、『人間失格』などがあるが、破滅的な作風が特徴であると言われている。
  • 太宰は大学時代から自殺未遂、心中未遂を繰り返していたが、1948年(昭和23年)6月13日に玉川上水にて愛人・山崎富栄とともに入水自殺した。
    彼の遺体が発見・収容されたのは、奇しくも誕生日と同じ6月19日であった。
  • 太宰の小説の中で、特に『人間失格』は連載最終回の掲載直前に太宰が自殺したこともあり、彼の「遺書」のような小説とされてきた。
    2009年5月に太宰治の生誕100周年を記念して映画『人間失格』の制作が発表され、2010年2月20日に全国の映画館で公開されている。

元に戻る



コメント


認証コード(8967)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional