温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2010-06-27

Top / ブログ / 2010-06-27

OZの温泉予約「8800円のプレミアム温泉ステイ」


1962年の今日、喜劇王・チャップリン、オックスフォード大学より名誉博士号授与!!

チャップリン・スタイル
  •  チャールズ・チャップリンは1889年4月16日にイギリス・ロンドンに誕生するが、1歳の時に両親が離婚し、極貧生活の中、孤児院や貧民院を転々として過ごし、どん底生活の幼少時代であった。
    しかし、18歳で名門劇団に入ることができ、ここで頭角を現すようになり、25歳で本格的な喜劇俳優を目指して努力する。
  •  こうしてチャップリンは生涯にわたり「喜劇王」として活躍し、映画の黎明期に数々のヒット作品を作り上げ、
    特に『独裁者』では、1940年当時権勢を誇っていたアドルフ・ヒトラーを風刺し、皮肉った内容で有名だが、そのヒトラーとは同年同月の生まれであった。

チャップリンは、ほとんどの映画を監督、俳優、脚本、プロデューサーとして1人で制作しているが、
1962年(昭和37年)6月27日、その類まれな才能と文化的貢献が評価され名門、オックスフォード大学より名誉博士号を授与されている。

映画を通して観る人に勇気と希望を与えたチャップリンの名言。

  • ご承知のように、チャップリンのトレードマークは、窮屈な上着にダブダブのズボン、山高帽と竹のステッキにドタ靴という、
    独特のチャップリンスタイルのパントマイムで笑いと涙そして社会の不条理への怒りを、観る人の心に届けてくれる達人であり、よく喜劇王と言われるが、別な表現では「愛と風刺の王様」であるとも言える。
  • そのチャップリンが63歳の時に作った映画『ライムライト』の中で、自殺を図った若いバレリーナに対して必死に介抱して助けた初老の道化師であるチャップリンが次のように語りかけます
人生を恐れてはいけない。
人生に必要なものは、勇気と創造力と少々のお金だ。
戦うんだ。人生そのもののためにだ。生き、苦しみ、楽しむんだ。
生きていく事は美しく、素晴らしい。
死と同じく、生も避けられない。
生命だ、命だ。
宇宙にある力が地球を動かし、木を育てる。
君の中にある力と同じだ。
その力を使う勇気と意志を持つんだ。

元に戻る



コメント


認証コード(8831)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional