温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2010-06-30

Top / ブログ / 2010-06-30

アクトノブの[攻めのにきびケア]


1936年の今日、世界的ベストセラーとなった『風と共に去りぬ』が出版される。

主演女優賞ーヴィヴィアン・リー
  • 風と共に去りぬ』は著者、マーガレット・ミッチェルの唯一の作品であり、アメリカ・南北戦争下のジョージア州アトランタ市を背景に、気性の激しい南部の女、スカーレット・オハラの半生を描いた壮大な作品であり、1936年6月30日に出版された。

    出版されるや大ベストセラーになり、翌年にはアメリカで最も権威ある賞とされているピューリッツァー賞」を受賞している。
  • ミッチェルの小説は1939年12月15日に映画化され公開されたが、当時としては珍しいテクニカラー映画であったことも後押しし、
    3時間42分という大長編にもかかわらず、空前の世界的ヒット作品となり、アカデミー賞を9部門受賞した。
    スカーレット・オハラ役のヴィヴィアン・リーが主演女優賞を受賞している。

    なお、受賞したオスカー像は後に競売に出されたが、「この映画のオスカー像を手に入れるのが長年の夢だった」として、今は亡きマイケル・ジャクソンが150万ドルで落札している。
  • 日本において『風と共に去りぬ』は宝塚歌劇団のミュージカル作品として有名であり、その公演回数は1182回、観客動員数は266万人と、『ベルサイユのばら』に次ぐヒット作となっている。

元に戻る



コメント


認証コード(9341)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional