温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2010-07-06

Top / ブログ / 2010-07-06

OZの温泉予約「8800円のプレミアム温泉ステイ」


1885年の今日、パスツール、狂犬病ワクチンを開発!!

微生物研究の第一人者として様々な開発を現代へ継承!

ルイ・パスツール
  • ルイ・パスツールは、フランスの生化学者、細菌学者であり、ロベルト・コッホとともに「近代細菌学の開祖」とされている。
    特に微生物に関する研究で多くの成果を上げ、オランダ科学アカデミーが10年間単位で最も顕著な発見を行った科学者に対して表彰する「レーウェンフック・メダル」を受賞しているが、この分野では最大の栄誉とされている。
  • パスツールは、弱毒化した微生物を接種することで「免疫」を得ることができるという発見は、ワクチンの予防接種という感染症に対する強力な武器となり
    更に研究を推し進め1885年7月6日「狂犬病ワクチン」を開発した。

    他にも牛乳、ワイン、ビール等の腐敗を防ぐ低温殺菌法(パスチャライゼーション)を開発し、また医学の分野で外科手術における消毒法を開発している。

狂犬病ワクチンに関するエピソード

  • 1940年、ドイツがパリに侵攻しパスツール研究所が接収された。ここの守衛をしていた男性が子供の時に狂犬病ワクチンで命を助けられたことがあった。
  • 彼はパスツールの恩に報いるため、パスツールの墓を暴こうとしたドイツ人にその鍵を渡すことを拒み、自ら命を絶ったという。

1932年の今日は作曲家・遠藤実の誕生日でもあります。これを記念して1971年4月にリリースしたヒット曲『ついてくるかい』(小林旭)を「続きを見る」をクリックして聴くことができます。

元に戻る



コメント


認証コード(3189)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional