温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2010-07-08

Top / ブログ / 2010-07-08

海外旅行のオンライン予約


1839年の今日、アメリカの石油王、ロックフェラー生まれる。

36歳の頃のロックフェラー
  • ジョン・ロックフェラーは1839年7月8日ニューヨークに生まれる
    31歳の時に石油会社「スタンダード・オイル」を創設するが、その無慈悲と言われるほどの営業戦術で、ロックフェラーは同社を世界最大の石油会社に育てる
    その間に個人の資産も蓄積したため「石油王」と呼ばれた。

    ロックフェラーは、キリスト教プロテスタントの一教派であるバプテスト信仰に従い慈善事業への寄付を常に行っていたが、その評判は事業活動を行っている間は芳しいものではなかったようだ。
    そのためかロックフェラーは70歳の時に事業経営からの引退を表明し、慈善活動に没頭するようになる。
  •  ロックフェラーは初期の科学的な医学研究への最大の個人的後援者として非常に有名であり、その他の分野も含めて死ぬまでに約5億ドルを慈善に投じたという。

    具体的には、1890年にシカゴ大学を創立し、また1901年にはニューヨークにロックフェラー医学研究所(現在のロックフェラー大学)を創立している。ここには日本の野口英世博士も正式な研究員として登録されている。
    更に1902年には一般教育委員会、1913年に慈善団体・ロックフェラー財団、1918年にはローラ・スピールマン・ロックフェラー記念研究所などを設立している。同様に、他の各種機関にも多くの寄贈を行っている。

    現在、世界遺産に登録されている「グレート・スモーキー山脈国立公園」設立の際、ロックフェラーの500万ドルの寄付は、大きな力となったという

元に戻る



コメント


認証コード(9865)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional