温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2010-07-23

Top / ブログ / 2010-07-23

イーツアーの海外格安航空券、空席照会・スケジュールを見て、その場で予約予約回答、最大の海外格安航空券サイト


1787年の今日、報徳思想を唱えた二宮尊徳が生まれる。

二宮金次郎(尊徳)
  • 報徳思想」とは、二宮尊徳(金次郎)が独学で学んだ神道、仏教、儒教などと、家業の実践から編み出した豊かに生きるための一つの知恵であり、一般にいう一種の経済学説とも言われている。

    つまり、経済と道徳の融和を図り、私利私欲に走るのではなく社会に貢献していけばいずれ自らに還元されると説いている。
  • この報徳思想を基に生みだしたものが「報徳仕法」と呼ばれるもので、日本近世以降に二宮が主導した一種の財政再建策の総称のこととされている。
    二宮は&color():Invalid color: blue'';であるとしている。
  • 2009年10月にイタリア人留学生が「フリー二宮金次郎」というボランティア活動を始めた。歩きながら本を読んだり、通勤通学の電車やバスの中で本を読むことで、移動中の時間を有効に使うことを目指しているという。

    その目的は、働きながら勉強したと言われる金次郎のように、活字離れの傾向が強い若者はもとより、より多くの日本人に今一度、本と向き合い自己啓発に努めてもらうこととしている。

元に戻る



コメント


認証コード(4606)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional