温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2010-07-24

Top / ブログ / 2010-07-24

「やわらかさ」と「とろける食感」にこだわりました
すべてが「手造り」の花畑牧場生キャラメル


1927年の今日、芥川龍之介睡眠薬自殺で没す!

芥川龍之介
  • 1927年(昭和2年)7月24日、都内田端の自室で大雨が降りしきるなか、作家・芥川龍之介が睡眠薬自殺を図り、社会に大きな衝撃を与えた

    死の数日前に芥川を尋ねた、親友で同じ夏目漱石門下の内田百間によると、芥川はその時も大量の睡眠薬でベロベロになっており、起きたと思ったらまた眠っているという状態だったという。既に自殺を決意し、その予行演習をしていたとの見方もある。
  • 芥川の遺書として妻や親友の菊池寛等に宛てた手紙が残っているが、その中に自殺の動機として「僕の将来に対する唯ぼんやりとした不安」との言葉が一般的に有名だ。
    しかも自殺直前の芥川の厭世的な、あるいは病的な心境は小説『河童』など晩年の小説群に表現されていることから、芥川の命日を「河童忌」と称している。

芥川の死から8年後に、文藝春秋社の社主でもあった菊池寛が芥川の名を冠した新人文学賞「芥川龍之介賞」を創設したが、この芥川賞は日本で最も有名な文学賞として現在まで続いている。

元に戻る



コメント


認証コード(8250)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional