温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2010-08-15

Top / ブログ / 2010-08-15

国内旅行・ツアーのご予約・お問い合わせなら阪急交通社!オススメ旅情報も!
◇−−−−− ★売れ筋ベスト10★ & ★格安ツアー情報★ −−−−−◇


1977年の今日、映画『愛のコリーダ』で大島渚監督起訴される?!

当時の日本では「猥褻文書・図画販売罪」に当たると起訴~2年後無罪判決~

愛のコリーダ
  • 映画『愛のコリーダ』は、1976年(昭和51年)10月16日に公開された大島渚監督による日本・フランス合作映画であった。
    「コリーダ」とはスペイン語で「闘牛」を意味する。そして映画の内容は1936年(昭和11年)に実際に起きた猟奇事件と言われた「阿部定(サダ)事件」を題材に、男女の愛欲の極限を描いたもので、それは命がけで闘牛との戦いに挑むイメージから「愛のコリーダ」と名付けたものと思われる
  • 日本で撮影されフランスで編集されて公開されたが、海外では高い評価を得たものの、日本では衝撃的とも言える性描写が原因で、大幅な修正を余儀なくされるとともに、1977年(昭和52年)8月15日、大島監督が起訴された。

    検察庁は「猥褻文書・図画販売罪」に当たるとしたものだが、大島監督側が2年後に無罪を勝ち取っている
    なお、2000年12月2日に「完全ノーカット版」としてリバイバル上映されている。

元へ戻る



コメント


認証コード(6786)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional