温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2010-09-07

Top / ブログ / 2010-09-07

タラバガニ 北海道よりお取り寄せ 北のグルメ便


1930年の今日、アメリカのジャズ・サックス奏者、ソニー・ロリンズ生まれる~80歳にしてまもなく記念の日本公演~

  • 9月7日はグレゴリオ暦(現太陽暦)で年始から250日目の節目の日であり、早いもので年末まであと115日となります。
    ソニー・ロリンズ

さて1930年(昭和5年)9月7日、ニューヨークで生まれたソニー・ロリンズ(Sonny Rollins)は、7歳の頃からサックスに興味を持ち、9歳でピアノ、11歳でアルト・サックスを学んだが、高校時代にテナー・サックスに転向している。
そしてこのこ頃ロリンズは、ジャズ・サックス奏者のジャッキー・マクリーンやジャズ・ピアニストのケニー・ドリューらとバンドを組んでいたという。

その後、本格的にプロの道に進み、1949年19歳で初めてレコーディングを経験している。
そして翌年には、ジャズ・トランペッターでモダン・ジャズの帝王と言われたマイルス・デイビスと出会う

マイルスは、当時のロリンズについて「既に伝説的で、多くの若いミュージシャンにとっては神様みたいな存在だった。」と証言している。

  •  1986年5月に初来日した東京公演では、ジャズとクラシック音楽の融合に挑戦していたロリンズが、
    この公演で読売日本交響楽団を従えてロリンズ自ら作曲した「テナー・サックスとオーケストラのための協奏曲」を演奏し、大きな話題となった。

    その後、2005年、2008年と来日して公演しているが、何と本年、80歳を記念して10月1日に札幌公演(札幌市民ホール)を行うことになっており、ジャズ界のみならず多方面から注目され、大きな話題となっている。

元に戻る



コメント


認証コード(5730)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional