温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2010-11-01

Top / ブログ / 2010-11-01

業界初!スカウト型看護師転職サービス


 1961年の今日、国立国会図書館が蔵書205万冊をもって開館。

国立国会図書館
  • 国立国会図書館は、日本の国会議員の調査研究、行政並びに日本国民のために奉仕する図書館として、1961年(昭和36年)11月1日に開館した。
    また、納本制度に基づいて日本国内で出版された全ての出版物を収集・保存する日本唯一の法定納本図書館でもある。

    国立国会図書館法には、その前文で次のように基本理念を謳っている。
    • 国立国会図書館は、真理がわれらを自由にするという確信に立って憲法の誓約する日本の民主化と世界平和とに寄与することを使命としてここに設立される
  • 「国会図書館」という名称から明らかなように、国会へのサービスを第一義とするが、
    国民一般へのサービスも国立国会図書館の重要な要素となっている。

     すなわち、国民へのサービスは日本の国立中央図書館としての機能であり、
    来館利用利用者の身近にある図書館などを通じた間接的な利用、そしてインターネットを通じた電子図書館サービスの提供などから成り立っている。

元に戻る



コメント


認証コード(8562)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional