温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2010-11-05

Top / ブログ / 2010-11-05

「やわらかさ」と「とろける食感」にこだわりました
すべてが「手造り」の花畑牧場生キャラメル


1972年の今日、上野動物園でパンダ初公開!

日中国交正常化を記念して中国政府よりカンカン、ランランの2頭が贈られパンダブーム起こる!!

パンダ
  • 1972年(昭和47年)11月5日中国政府より贈られたカンカン(オス)とランラン(メス)の2頭が上野動物園で初公開された。

    パンダ(panda)はネパール語で竹を食べるものの意味がありクマ科に属するが、
    クマは手で物をつかむことができないが、パンダは手で竹をつかんで食する。

    全長は1.2~1.5メートル体重はオスが100~150キログラムあり、メスは2割程度少ない
    目の周り、耳、四肢、背中の両肩の間の毛が黒く、他の部分は尻尾も含めて白色(クリーム色)であり、

    この白黒の模様の配置が独特の可愛らしさを作っており人気の秘密となっている。
  • 我が国ではパンダの人気が高く、上野動物園を始めパンダのいる動物園ではパンダ目当ての来園者が非常に多い。

    そのため、興業などで集客力のある人気者を指す言葉として「客寄せパンダという言葉も生まれた

    最初に公開されたカンカンとランランは、1980年(昭和55年)と1979年(昭和54年)に相次いで死去し、多くの国民が悲しんだ。

    なお、パンダはコビトカバ、オカピとともに世界三大珍獣」に指定されている。
    そして、これらの三大珍獣は全て、上野動物園で見ることができるという。

元に戻る



コメント


認証コード(4929)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional