温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2010-11-24

Top / ブログ / 2010-11-24

看護師転職ナビお祝金3万円!


1859年の今日、ダーウィンの『種の起源』が出版される。

チャールズ・ダーウィン
  • チャールズ・ダーウィンは、1831年から5年間かけて帆船「ビーグル号」で地球を一周する航海を行ったが、
    これが『種の起源を書くきっかけとなったという

    航海中に各地の動物相や植物相の違いから「種」の不変性に疑問を感じた。
    ダーウィンは地質学に関する文献を読み、そこから地層と同様に動植物にも変化があり、大陸の変化によって新しい生息地ができ、動物がその変化に適応したのではないかと考えた。
  • ダーウィンの説の重要な部分は、自然淘汰説と呼ばれるが、骨子は次のようになっているとされる。
    • 生物が持つ性質は、同種であっても個体間に違いがあり、そのうちの一部は親から子に伝えられたものである
    • 環境収容力は常に生物の繁殖力よりも小さい。そのため、生まれた子の全てが生存・繁殖することはなく、有利な形質を持ったものがより多くの子を残す
    • それが保存され、蓄積されることによって進化が起こるのだ、と。
  • ダーウィンは、進化の概念を多くの観察例や実験による実証的成果によって進化論を仮説の段階から理論にまで高めたとされている。

元に戻る



コメント


認証コード(0487)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional