温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2010-11-30

Top / ブログ / 2010-11-30

吸いながら無理なく禁煙をサポート!!!


1990年の今日、アメリカの良心、ノーマン・カズンズ没す!

ノーマン・カズンズ
  • ノーマン・カズンズは、1915年6月24日アメリカ合衆国ニュージャージー州ユニオンシティ生まれの高名なジャーナリスト、作家

    1934年19歳で現ニューヨークポスト紙に就職し1942年から1947年までサタデー・レビュー』の編集長を務めるが、この間に同誌は2万部から65万部へと発行部数を伸ばしたという
  • 1949年、34歳の時広島市を訪れ原子爆弾投下の惨状を視察し、さらに広島戦災児育成所の原爆孤児たちに強い衝撃を受け、
    帰国後にルポタージュ4年後のヒロシマを発表している

    カズンズは広島訪問を契機に、400名以上の原爆孤児に対する支援、及び原爆によりケロイドを負った原爆乙女がアメリカにて治療を受けるための義援金を募るために活動を展開している。
    本国アメリカの開発した核兵器により悲惨な犠牲を蒙った広島の為に必死に支援を贈り続けるノーマン・カズンズに対しアメリカの良心と讃えるようになった。

    その後カズンズは生涯を通して、核廃絶と平和のために活動を続けている
    しかし、1990年(平成2年)11月30日心臓麻痺で逝去。享年75歳。
    なお、2003年(平成15年)には、広島県の平和記念公園にノーマン・カズンズ記念碑」が建立されている。

元に戻る



コメント


認証コード(4813)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional