温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2011-01-14

Top / ブログ / 2011-01-14

中性脂肪が高い方に、世界が認めた白井田七


1959年の今日、南極大陸で1年間置き去りにされたカラフト犬、タロとジロの生存が確認!

生存していたタロとジロ
  • タロとジロとは、日本による初期の南極地域観測隊に同行したカラフト犬の兄弟のこと。
    1956年(昭和31年)11月、第一次南極観測隊にカラフト犬による犬ぞりの使用が決定し、総勢53名の隊員がタロ、ジロを含む22頭のカラフト犬と共に
    東京湾より観測船「宗谷」で南極へ向け出発する。
  • 1958年2月、宗谷は第二次越冬隊員を乗せて南極付近に到着したが、天候の悪化から昭和基地には到着できなかった。
    昭和基地から帰還する第一次越冬隊員の人たちでさえ、小型雪上機で、やっとのことで宗谷に帰還する状態であり、

    その後もギリギリまで天候の回復を待ったが、「宗谷」自体が遭難する危険性も出てきたことから
    第二次越冬隊の派遣は断念するとともに、15頭の犬の救出も見送られ、犬ぞりに首輪で昭和基地付近に繋がれたままにされた
  •  この犬を置き去りにしたことにより、観測隊は激しい非難を浴びることになった
    ところが、1959年(昭和34年)1月14日、第三次越冬隊のヘリコプターにより昭和基地に2頭の犬が生存していることが確認され、さらに着陸して確かめると、タロとジロの兄弟であることが判明する。

    タロとジロの生還は日本中に衝撃と感動をもたらし2頭を称える歌タロー・ジローのカラフト犬まで作られたほどだった
    1982年(昭和57年)、タロとジロの生存劇を描いた南極物語』が制作され、翌年公開されている。

元に戻る



コメント


認証コード(5625)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional