温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2011-01-15

Top / ブログ / 2011-01-15



1939年の今日、双葉山の連勝記録69連勝でストップ!

横綱・双葉山
  • 1939年(昭和14年)1月15日(1月場所4日目)に安藝の海に敗れるまで69連勝を記録
    この69連勝は歴代最高記録であり、双葉山と同じく昭和の大横綱である大鵬、北の湖や千代の富士でさえ届くことが出来なかった
  • 連勝のスタートは、1936年(昭和11年)1月場所で6日目に横綱玉錦に敗れるが、
    翌7日目に両國を下してより連勝街道を突っ走る。

    しかも、翌場所から5場所連続全勝優勝も果たし(当時は年2場所制で1場所11日、後に13日の取組日数)
    1938年(昭和13年)5月場所で、それまでの記録保持者である谷風の63連勝を約150年ぶりに塗り替えている
  • 70連勝ならずとなった1939年(昭和14年)1月場所は、
    前年の満州巡業で双葉山はアメーバ赤痢に感染して体重が激減し、体調も最悪だったので、当初、休場を考えていた

    しかし、力士会長の横綱玉錦が虫垂炎を悪化させて急死したことで、責任感の強い双葉山は強行出場した
    双葉山は、安藝の海(後に1943年横綱に昇進)に外掛けで敗れた時も、普段通りに一礼し、まったく表情も変えずに東の花道を引き揚げたという。

    まさに王者の姿そのものです。

    幕内通算276勝68敗1分33休優勝12回、全勝8回などを記録し、1968年(昭和43年)12月16日、劇症肝炎のため死去。56歳の生涯でした。
    横綱・白鵬
  •  双葉山の残した名言には次のようなものがあります。
    • 稽古は本場所のごとく、本場所は稽古のごとく
    • 相撲ぐらい怪我をしないスポーツはない
    • 相撲は体で覚えて心で悟れ
    • われ未だ木鶏(もっけい)たりえず。(69連勝でストップした後のことば)
  • 昨年の11月・九州場所で双葉山の前人未踏の69連勝を超えるか、と全国民の期待を一身に受けた横綱・白鵬でしたが、
    誠に残念なことに63連勝でストップしてしまったことは記憶に新しいことと思います。

    不祥事続きの相撲界にあって、久しぶりに全国民の注目を集めたこと自体、大変な功績でしょう。まだ、25歳と若いことから、是非とも再挑戦してほしいと願うのは筆者だけではないと思います。

元に戻る



コメント


認証コード(1550)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional