温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2011-02-06

Top / ブログ / 2011-02-06



 1895年の今日、大リーグのホームラン王ベーブ・ルース生まれる!

童顔のため「ベーブ(赤ん坊)」という愛称で呼ばれた「野球の神様」

ベーブ・ルース
  • 1895年2月6日に誕生したベーブ・ルースはメジャーリーグのプロ野球選手であり野球の神様」と言われていてアメリカ合衆国の国民的なヒーローでもある。

    最初に野球殿堂入りを果たした5人の中の1人であり、ホームラン50本以上のシーズン記録を初めて立てた選手でもある

    ちなみに1927年に記録したシーズン60ホームランの記録は、1961年にロジャー・マリスにより破られるまでの34年間
    また通算ホームラン714本の記録は、1974年にハンク・アーロンによって破られるまでの39年間、メジャーリーグの頂点であった。
  • ブラックソックス事件による球界への不信感を、豪快なホームランの連発により払拭し、さらに以前にも増してプロ野球への人気をもたらし、多くのプロスポーツの一つに過ぎなくなっていたかも知れないベースボールを
    最大の人気スポーツにした事でアメリカ球界最大の巨人の1人と評されている

ベースボールの楽しみを大衆にもたらしたベーブの豪快なホームラン!

  • 少年時代のベーブは、控え目に言っても腕白坊主であったという。学校をサボっては市街をうろつき、非行に明け暮れた
    7歳頃には良心の手には負えなくなり矯正学校に送られている

    しかし、そこでローマ・カトリックの神父、ブラザー・マシアスと出会い野球を教えられたことがベーブの生涯を決定づけることになる
    以後、ベーブはマシアス神父を生涯にわたって恩師と仰いでいる
  • 1920年以前のプロ野球のゲーム方針としては、四球、盗塁、犠打、犠飛等と、ノーヒットで得点し後は投手戦で乗り切るという
    ロースコアのスリリングなものが好まれ、ノーリスクで得点できるホームランはあまり人気がなかった

    あの6冠王を達成したタイ・カッブにしてもベーブ・ルースはベースボールの醍醐味を台無しにしたとホームランを連発するベーブを批判した

    しかし、あまりにも常識離れしたベーブの量産ペースまたその飛距離を見てベーブのホームラン見たさに客が押し寄せ
    ヤンキース移籍後は新球場を建設する余裕ができるほど客が押し寄せた
  • このことから、ベーブは、ベースボールの人気をいわゆる「通」にとどまらず大衆的なものとし、ホームランへの捉え方つまり価値観を飛躍的に向上させた功績は計り知れず、
    現在、他の打者がいくらベーブの本塁打記録を塗り替えたとしても本塁打の代名詞はベーブであり、大リーグ史上ベーブの地位はいささかも揺るがないものとされている
  • 1932年のワールド・シリーズ第4戦で、ベーブが本塁打の飛ぶ方向を示した後、その予言通り大ホームランを打ってみせたが、後にベーブはそのことを振り返って語っている
    • あんな愚かなことは、決してやるものではない。ホームランが出たからよいが、もし失敗していたら、俺の生涯のキズになったろう、と。



コメント


認証コード(4673)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional