温故知新、論語、九思一言、天子の声、孔子、歴史上の出来事、歴史上の人物、歴史上の事件、歴史上の災害、

温故知新! 昔のトピックスで今を学ぼう!!

ブログ/2011-02-17

Top / ブログ / 2011-02-17

ANA国内ツアー 春のスーパーセール


1904年の今日、プッチーニ作曲、歌劇『蝶々夫人』が初演!

歌劇『蝶々夫人』の一場面
  • 1904年(明治37年)2月17日、作曲家・プッチーニにより作られた歌劇蝶々夫人』(マダム・バタフライ)がイタリアミラノ・スカラ座で初めて公演された

    長崎を舞台に、没落藩士令嬢の蝶々さんと、アメリカ海軍士官ピンカートンとの悲劇の恋愛を描いた物語
    俗的に言うとアメリカ海軍士官ピンカートンに騙され、いいように弄ばれたあげくに捨てられ、自殺する気の毒な大和撫子の話と言えなくもない
  • スカラ座での初演は実は脚本と構成で失敗しますが、すぐにプッシーニは改定版の作成にいそしみ、
    1906年のパリ公演の第6版が大成功で終わり、これが現代まで上演され続けている決定版となっている

    これによりプッチーニはイタリアオペラのマエストロ(芸術家に対する敬称や称号のことで、日本の巨匠に当たる)の地位を確立することができたとされている。
  • 日本人として蝶々夫人役を演じたのは、大正から昭和初期にかけて活躍したソプラノ歌手の三浦環であり、
    現在でも長崎のグラバー園」に、その功績を称えて三浦の像が設置されている。



コメント


認証コード(6019)

powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional